2020年3月24日火曜日

響流書房より『真宗の念佛と信心』発売されました

 2020年3月8日に響流書房さんより電子書籍で『真宗の念佛と信心』(土井紀明 著)が発売されました。 
 電子書籍とは主にインターネット上で流通する読み物でPCスマートフォンタブレットで閲覧用アプリ電子書籍リーダーなどで閲覧できる事により移動時など手軽に触れることができます。個人が出版社などを介する事無く独自で出版出来るのも電子書籍の魅力で絶版の心配などが無く、今後より必要とされるものです。
 さて、本の紹介ですが、響流書房さんより

念仏と信心とはどういう関係か。名号説法とはなにか。疑いはあるままで救われるのか。どうして来生の救いが今の救いになるのか。浄土真宗を求めていく上での大切な論点について、既存の教学の結論に身を委ねるのではなく、著者自らが聖教に向き合って明らかにしていく。「信心をいただく」ことに悩んできた聞法者の疑問と悩みに、誠実に応える良著。

と、ご紹介いただいております。多くの方の目に触れ信心を求める人の光となればと思っております。


念佛寺 

クリックすると響流書房さんにアクセスできます