2021年1月7日木曜日

『近代教学と伝統教学の接点』(真宗大谷派の教学を考える) 発刊しました。

 『近代教学と伝統教学の接点』(真宗大谷派の教学を考える) 発刊しました。


 本年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、早速ですが、昨年10月に『近代教学と伝統教学の接点』(私家版)を発刊いたしました。これは同人誌『朋友』に掲載していたいくつかの散文と新たに加筆した2編で構成されています。

 著者の聞法の基本的は歩みは佐々木蓮麿師より選択本願の念仏と清沢満之の信仰の真髄を親しく聞かせていただいたことから始まり、木村無相氏の出遇いを経て後、本願念佛を称え聞く救済法と清沢満之の信仰とが自己に於いて統合される道を歩むなかで、長年真宗の行信論を中心に現代の真宗の教法に於ける問題点や課題について考えてきたものの一端をまとめたものとなっております。

 発刊のご案内が遅くなってしまいましたが、手に取っていただければ幸いと存じます。


購入方法につきましては、念佛寺にお越しになるか、あるいはメールや電話にてのご連絡をいただければ郵送させていただきます。定価は700円となっております。よろしくお願い申し上げます。


念佛寺