2018年6月18日月曜日

本日(6月18日) 学習会についてのお知らせ


 今朝、大阪北部で強い地震がありました。
被害に遭われた方も多数おられるようです。


 阪神間はJRや阪急などが運休しており、公共交通機関が混乱しております。
また、余震の影響を考えて本日の学習会は急遽中止とさせていただきます。


ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。


念佛寺

2018年6月4日月曜日

2日念佛座談会を終えて

6月になり暑さが増してきましたね。

 2日はまだ関西は梅雨入りをしていませんが、地域によっては梅雨入りしてるようですね。
梅雨と言えば紫陽花が思い浮かびます。
 念佛寺にも紫陽花がありその紫陽花に纏わる住職の逸話はなかなか面白いのですが例年記事にしているので今回は致しません。

 その念佛寺の紫陽花が今年は全く花芽を出さず一輪も花をつけませんでした。
紫陽花は花の終わった後に花から下3節目で剪定すると翌年も花芽が付きやすいということでそのようにしていたのですが、今年は花芽をつける事なく終わりそうですこし寂しい気持ちです。しかし、そのようなことがあったからこそ今年はバッサリと剪定をする気持ちにさせてもらえたので半面楽しみでもあります。

さて、今回は『安心小話』より


〇ある人明信老人に、雑行すてて一心に弥陀をたのむ斗(ばか)りにて候か。師いわく。いやそうではない。雑行すてて弥陀をたのむのじゃ。


〇伊勢畳屋籐七いわく。凡夫心の兎の毛の先でついたほども間にあわぬことを、はっきり知らせていただくことは甚だ難いことじゃ。


 今回の語録は文章の筋が少し見えにくいのでそのあたりの難しさがあったようにおもいます。
一つ目の語録は、ある人が明信老人という方に「雑行をすてて一心に阿弥陀様のお助けにおまかせするだけでよいのでしょうか?」と尋ねた事に対して、明信老人がその返答に「いや、そうではありません、雑行をすてて阿弥陀様のお助けにおまかせするのです」と仰ったということです。

 読み方は何となくわかったとしても、その味わいは簡単なものではありません。もちろん「解答」などというもがあるわけではありませんが、何となく「こういう味わいかな?」と言うものもあるわけです。それを各々話してみるというところに座談会の良いところがあるわけです。
 今回もご参加の方に沢山話していただきました。最終的には住職が「こういう味わいはいかがでしょうか」という程度を話して次の話題へと移ります。

今回も初めて参加される方がおられました。
難しくもあり、味わい深いものもあります。
難しくお考えにならないで、ご参加していただければと思っております。

ナンマンダブツ

次回は12日です。
6日は輪読会です。


今年は咲く気配がありません