2018年2月16日金曜日

12日 念佛座談会
 
 念佛寺の座談会は先哲の語録などを味わって話し合いをしたり、日ごろの御聴聞で出てくる疑問などをお互いに考えてみるということをします。
 今回は参加者の方から出てきた質問をもとにお互いに話し合ってみたのですが、よくある質問が出てきたので取り上げてみます。

質問に「お念仏を称えよといわれるが、理解しないまま称えていいものか、理解して称えるものなのかどちらでしょうか。私はお念佛を理解して称える方がよいとおもうのですが・・・」

 とありました。
 同じような事で「お念仏にはどのような意味があるのですか?」とか「どのような気持ちでお念仏すればよいですか?」と聞かれることがあります。中には「感謝の気持ちでお念仏しています」や「” 今日もよろしくお願いします ” の気持ちで毎朝お念仏をしています」という方もおられます。
 お念仏とは「ナムアミダブツ」の事ですが、あまりにも身近すぎて自分でわかったような気になっていたり、自分の気持ち次第で唱えるものだと考えている方も多いようです。このような場合は浄土真宗がどのようなものであるかをあまり知らない方が多いのではないかと感じます。 
 この質問の方も浄土真宗の話を聞き始めたばかりだと想像されるかもしれませんが、実際はよくご聴聞しておられる方です。実はよくご聴聞されるからこそ真剣な問題としてこのような質問がでてくるのです。


 さて、話をもどしますと、「お念仏を称える」という事はもともと法蔵菩薩がどうすれば一切衆生をもらさず救えるかという事を考えた時に称名念佛を取り上げられました。私たちが何故ナンマンダブツを称えるのか、どんな気持ちで称えるか、という疑問を持つよりも前に、何故法蔵菩薩がナンマンダブツを選び取って称えるばかりでたすけると仰ったのかを聞かなくてはならないでしょう。そのこと無しに何故称えるのか、どのような意味があるのかということを自分で考えたり人に尋ねたりしてもなかなか納得できるような答えを得ることはできません。

 人間の心には真実はありません。その真実の無い者を仏にするにはどうすればよいか。法蔵菩薩はご自身で修行され、その人、その業、その全部を引き受けて救いの因を全部法蔵菩薩が仕上げて下さりました。それがナンマンダブツです。ナンマンダブツを口先だけで称えるお念仏は、自分の心がどうかという事に何の用もありません。ただ念仏するばかりで助ける、これがどう聞こえるかというと「助ける」。助けるからまかせてくれよというのが阿弥陀様の慈悲の言葉としてあります。それがナムアミダブツなのです。

ナンマンダブツ

次回は3月2日です。
少しは寒さが和ぎますかね。
今回は写真を保存しているパソコンが故障中の為、写真はありません・・・。