2017年8月7日月曜日

2日念佛座談会

今回は松原致遠師『ただ念佛して』からのことばと仏照寺師のことばです。
松原致遠師は三重県の生まれで香樹院師を非常に慕った方です。


・聞いてわかってよろこんでいるのは知識欲の満足である。一種の享楽である。また、みづからきづかぬ自己優越感の満足である。

・本当にたのんだというのはたのむ心の全くなくなったのをいうのである。微塵でも、わが方にたのむこころがあれば自力である。

・「奈何ともすべからず」というが求道の結論である。そこに「廻向というは本願の名号を十方の衆生にあたえたまふみのりなり」のみことが拝受せらるる。

・我等の内面の事実としては「ちっとも聞いて居らぬ」のである。この無限の空間をうづめるものが念佛である。

・地獄行き々々々とおっしゃるのは、仏になる用に立つものはないと云うことじゃ。それをなろうとかかるのは自力。地獄行きじゃとおっしゃると、それになろうとかかるやら、又知ろうとかかる。知らぬものが知らねばならぬと云うことじゃない。知らぬものが知った顔つきするじゃない。知ってござる御方が「助からぬ奴じゃで、そのままを助けて下さる証拠が南無阿弥陀仏」と知らせたまふ。お意(こころ)の通りが頂けたら、善知識の智慧が私の智慧になる。(仏照寺師)


「本当にたのんだ」というのは弥陀を憑(たの)んだということですが、それだけではよく分からないので梯実圓先生の解説を参考にします。

「たのむ」には『国語辞典』などには「たよりにする。あてにする。信頼する。たよるものとして身をゆだねる、懇願する」などの意味があるが、親鸞の「たのむ」の用法の中には「懇願する」という場合は全くなく、「たよりにする、まかせる」という意味でのみ用いられている。それは如来の御はからいにまかせるとか、わが身をたのまず仏智の不思議をたのむとか、自身が積み重ねた善根功徳をたのむ心を捨てて、ひとえに本願力をたのむといわれていた。親鸞の宗義からいっても如来に救いを願うというような信心であるはずがなかったということは明らかである。

 とあります。すこし長く引用しました。わたしたちが真宗の仏法を聴聞をしたり講座などを受講している場合に何度も「たのむ」という言葉を耳にします。何度も耳にするということはそれだけ大切なことばであるという事なのですが、親鸞聖人が意図している事とは違った理解をしてしまう場合がありますので、注意しなくてはなりません。このことを手掛かりに二つ目の言葉を味わってみてください。

 「聞いてわかってよろこんでいるのは知識欲の満足である」と一つ目のことばにあります。世間一般の「聞き方」というのは聞いて自分で考え理解することですが、ここではそのことを「知識欲の満足」だといわれます。この時の「聞いてわかる」というのは自分の聞きやすいように聞いて自分のわかりやすいように理解するということです。そのような聞き方になると本来のお心に触れることが出来ず、自分の解釈による誤った受け取りになってしまいます。ですので厳しいことばですが、肝要であるがゆえに誤った受け取りをしないようにと師の配慮が窺えます。

  「勅命のほかに領解なし」ということばがありますが、勅命がわたしの領解になり、そのまま疑いなく聞くことを信心と言います。
 信心は自分の心の中を詮索するものではなく、「必ず助ける」との仰せはナムアミダブツのお心であり、その声を聞くばかりであります。
 松並松五郎さんが正信偈をお勤め中に勤行本を落としてしまった事があったそうで、その時「あ、正信偈も用がないんや」と思われて以降ナンマンダブツだけであったというお話しが最後に紹介されました。

ナンマンダブツ
ナンマンダブツ

今月は10日に 盂蘭盆会です。
12日、18日、22日は休会です。