2017年5月24日水曜日

22日 真宗同朋会

ここ数日は、まるで真夏のような暑さですね。
22日の同朋会も終わりました。

七尾から十数名の方がご聴聞に参られたので、いつもの雰囲気とはまた違ったものがありました。
しかし、丁度塀を修復中で時々大きな音がしており少々聞きづらい事もあったかとおもいますが、みなさん熱心にご聴聞されておりました。

さて、法話はいつも通りお念仏のお話しです。


・「汝の一切の罪は我が引き受けて罪を除き仏にする」一言で言えば南無阿弥陀仏は「汝を必ず助ける」のお誓いであり大悲心であります。

・一声一声のナムアミダブツに仏になる全部が仕上がっている。それを受け取るだけです。


「仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし」とは一言で言えばナムアミダブツのいわれを素直に聞き受ける事に他なりません。しかし、素直に聞けない難しさがあるのも確かな事です。ご聴聞は「今」だれでも一声称え聞くところに阿弥陀仏に遇えるようになっている事を聞くということです。口から一声出てくるお念仏は私に届いている阿弥陀仏のお出ましです。称え聞き、念仏に親しみつつのご聴聞でお育てされていくものです。

ナンマンダブツ