2017年2月28日火曜日

松並松五郎語録より

仏教には三業(さんごう)という言葉があります。
 わたしたちの行うすべての行為を三種類に分類し、それぞれに身業(しんごう:身で行う行為)、口業(くごう:口で言う行為)、意業(いごう:こころのはたらき)と言い表しています。わたしたちはこの身口意の行為によって様々な結果を受けていくわけですが、善い行いは善い結果を得ることが出来るというのは仏教の基本的な考え方で、世俗に対しても出来うるだけの善い行いを求められてもいます。

 その中でも十善という十種類の善なる行為があります。
その内訳は不殺生・不偸盗・不邪婬・不妄語・不両舌・不悪口・不綺語・不貪欲・不瞋恚・不邪見とあります。お気づきの様に「不」がそれぞれについています。

 不殺生なら「殺さず」ということで、どちらかというと戒められている言葉になっておりますし、特に戒として表す場合は十善戒という言葉で言い表しています。
また、それらに対して十悪という言葉があります。

 先ほどの十種類の善なる行いから「不」を取り除くと十悪になるわけですが、わたしたちが行う悪い行為の代表格のようなものであると言えましょう。
 これらの行為を引き起こさないような生き方が望まれるわけですが、その実現は人と人の関わり合いの中で生きているわたしたちには非常に困難です。

 反対にこれらの行為を起こしたにもかかわらず自分の非を認めず正当化していくような生き方をしてしまうほど、わたしたちの悪業の根は深いものです。
 
わたしたちの正当化は自己保身ということもありますが、自己拡張の為に正当化していくこともあります。その為に嘘をついたり誇張したり、時には人を貶めたりと口の行為というのはなかなか厄介なものですが、申し訳なく思う一方で汚い言葉や悪口などを好んで使うのもわたしたちの一つの可能性なのでしょう。
 
「鼻は香りのよい物を好む。口はきたない物、愚痴や、悪口を好む。こんな口から念仏が、仏様が出て下さるとは、南無阿弥陀仏。」
 

松並松五郎さんの言葉です。
 世間では日々充実した毎日を送り、社会で活躍し、輝きに溢れているような人間像を理想としています。
 しかし、自分自身がその理想的な人間像を実現する為には嘘をつき、飾り、時には自分の優位性を保つために他者を罵りもします。そしてこの口は、他者を傷つけ悲しませるのですが、何より自分自身が傷つき悲しみ暗く身を滅ぼしていく事であると知らされます。

ナンマンダブツはこの口から出てきます。
 
不思議な事実なのですが、われらの罪悪の深きほどを思い知らせ如来の恩徳のたかきことを知らせ助ける為にわたしに届き口に現れているのです。
 
普段はどうにもならない言葉ばかりが出てくる口ですが、
「必ず助けるぞ」と「仏様」が出てくる口であります。

 口に出て「ナンマンダブツ」と聞かせれは、必ず煩悩悪業に身を滅ぼすわれらを必ず助ける事が出来るという仏様の声を
ナンマンダブツ、ナンマンダブツ
 と聞かせて頂き、大悲のお心をいただくばかりであります。
ナンマンダブツ